太陽光発電で優遇税

太陽光発電で優遇税 太陽光発電は、発電にともなって地球温暖化の原因となる物質である二酸化炭素を排出する火力発電などとは違い、クリーンなエネルギーであることが特徴といえます。
そこで、国としてもこうした自然のちからを利用した発電を全国的に普及させるため、さまざまな優遇税制や補助金制度をもうけています。
たとえば、法人でなくても、個人事業主が太陽光発電の設備を設置して、それを自身の事業の用に供した場合には、所得税についてのいわゆるグリーン投資減税が適用されることになり、特別償却の特典を得ることができるようになっています。
また、ごく小規模な住宅用の設備を除いて、発電設備に対して課せられる固定資産税についても、その課税標準の額が通常の3分の2まで軽減されるという特例もあります。
これに加えて、そもそも発電設備を設置するにあたっての国の補助金もありますので、設置と運用という両方の段階において、メリットを享受することができるというわけなのです。

生産性を向上させる整備投資「太陽光発電」

太陽光発電は、太陽光パネルを設置してからそのまま放置していては生産性が上がりません。
発電効率を上げるためには、電気系統のチェックや、太陽光パネル面のホコリや砂、草やつるの除去も定期的におこなわなくてはなりません。
知らない間に一部のパネルが故障していた、などということもあり得ますので、そうしたことも定期的に点検するのが望ましいでしょう。
もちろん、それらは一般の消費者にできることではありませんので、点検費用などもかかります。
しかし、それは生産性を向上させるために必要な投資です。
発電効率が下がったまま使用し続けていると、毎日のことですので、積もり積もって結局は損をすることになります。
太陽光発電は常にベストな状態でおこなってこそ、初期投資費用が早期に回収できるものです。
曇るとあっという間に発電量が落ちるように、パネルが万全な状態でないと、発電効率はかなり落ちてしまいます。
窓ガラスが汚れるように、パネルも汚れているものです。

recommend


最終更新日:2020/3/26